ロンリネスガトール〜ガンバリライヴ四コマDSがいっぱいの謎(接触編)。

2008年01月25日

ゲームデザイナーの仕事

26日に発売になるこちらの本
一足先にソフトバンククリエイティブさんから頂きました。
ありがとうございます!

ゲームデザイナーの仕事 プロが教えるゲーム制作の技術
定価:2,500円(税抜き、税込み2,625円)
ISBN978-4-7973-4321-2
ゲームデザイナーの仕事
そうそうたる顔ぶれの中に
あっしの名前が…ひっ〜〜

あっしはよっしーと共に本書のインタビューにこたえちゃってます。
なんか読み直すとイヤな汗が出てきますが、
著者の前田さんが「インタビューの出来には自信がある!」と仰っていたので信じる事にします(*´Д`*)

ほんの一部ですがご紹介しますね

(クリエイターズインタビュー「山倉千賀子」から一部抜粋)------

■ガンバリオンさんでの新人研修の内容など、できればゲームデザイナー、プランナーに絞ってお話をしていただけますか?
山倉:いきなり実践で仕事をしてもらいますね。
プランナーの下についてもらって、一番簡単なところからですけれど、いきなり仕様書を書いてもらいます。それで上司から、「これじゃ伝わらない、この説明ではプログラムが組めない」といった細かい指導してもらって、少しずつ難しい仕様へとステップアップしていく感じですね。
とにかく、簡単なことからですけれど、上司の元で実践で教えます。
吉田:仕様書のまとめ方で若いスタッフに最初に教えるコツ、心構えは、なぜその仕様を入れたのか、ちゃんと説明できるようになりなさいということですね。
なんとなく面白いと思うじゃダメで、その仕様を入れたことがユーザーのためになっていて、なぜ面白いのかが、きちんと説明できるということですね。
ガンバリオンとしては、それが一番大切だと思っています。
山倉:それはなぜかと言うと、なぜ面白いのか、どこがユーザーのためになっているのかが説明できないと代替案が出せないからなんですね。
これはプランナーだけの話ではなく、グラフィックデザイナーにもプログラマーにも言えることなんですけど。なぜ、その案が必要なのか、なにがしたいのかが説明できていれば、仮にその案が実現不可能な場合でも、同じ目的を達成するためならこういう方法があるよという代替案を上司や他のスタッフが提案できるんですね。
そうやって作品は、より良くなっていくと思うんです。
なので、仕様書を書くスタッフには、目的を書くこと、目的意識を持って仕様書を書くことを言ってますね。

続きはこちら

■他に新人の方にやってもらうことなどはありますか?
山倉:あとはプランナーにかぎらず全社員についてですけど、入社した年に節目節目で社内の行事を担当してもらいます。行事の運営を通して、人とのコミュニケーションの取り方や、なぜ自分が担当したことをやらなければいけないのか、担当していることにはどんな意味があるのかを考えるようになるので、目的意識が芽生えますね。
たとえば、朝礼の進行を担当したり、入社した年にはゲームショーを視察して会社に残っている人たちのために、ショーの報告会を開いたりしていますね。
あとは、お花見だとか宴会だとかの準備を担当したりですね。
他のスタッフが楽しめるような、お花見のプランを考えて予算内で実行する。
社内の他のスタッフをお客さまに見立ててのシミュレーションをやっている感覚です。
入社した年の1年丸々なんのためなのかという目的意識を持って行動してもらえるよう、次の代が入ってくるまで、みっちり学んでもらいますね。
----------------------------------------------------------------------

これ、ほんとにごく一部なんです。
多分今まであっしが受けたインタビューの中では最もロング。
ワンピース アンリミテッドアドベンチャーの開発秘話も語っております!
気になる方は、ぜひ本書をごらんになってください。


本書はかな〜〜り濃密に
ゲーム制作のあらゆる技術(テクニック)が書かれております。
ぶっちゃけ分冊しちゃえばよかったのに!
と思うくらい(笑)

企画書や仕様書作成のテクニックはもちろん
効率的な会議の進め方とか
スケジュールを守るコツとか、そんな所まで網羅しちゃってます。

ちなみに入社1週間の新人スタッフが読んだ感想は
「技術的な事はもとより、
 仕事に対する心構えや考え方が分かりやすく書かれていて
 大変参考になった!」
と言っておりました。

本書で書かれているゲーム制作のスタンスは
ガンバリオンのスタンスと重なる部分も多く、
ゲーム制作に携わっている方、ゲーム業界を目指している方に
おススメしたい一冊です!


応援のポチお願いしますッ!

人気blogランキングへぽちっとな

yamachica at 23:59│Comments(2)TrackBack(0)││求人・就職 | 社長日記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2008年01月26日 11:55
ゲーム作成のことはよくわからなくても
新人の方をどうそだてていくか
とても勉強になりました。
やはり実践が一番ですよね。
ぽち
2. Posted by 沙羅パパ   2008年01月26日 23:04
5 仕様書…勿論、日本語で書く…

打ち合せ…当たり前だが普通日本語でやる…

営業…これも日本語ですよね?

人を説得したり、自分の考えを説明したり…ナニをするにも『日本語』(国語)の力が必要なんですが、毎年毎年、新卒者の国語力は落ちている様な気がしますな。

特に文章力に関しては大卒か専門学校卒を基準で考えると先進国中、我が国は最下位クラスではないでしょうかね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ロンリネスガトール〜ガンバリライヴ四コマDSがいっぱいの謎(接触編)。