2009年05月24日

企画を考えてみる6「ゲームシステム」

企画を考えてみる_バナー

ガトールです。

やっとゲームシステムの話しです。
お題:「ロボット玩具と
それを使って対戦させる為のゲームシステム」
というお題で企画を考えています。

詳しくは以下を参照してください。
 企画を考えてみる1「はじまり」
 企画を考えてみる2「第一歩」
 企画を考えてみる3「問題と解決」
 企画を考えてみる4「考え方を変えてみる」
 企画を考えてみる5「アイデアを具体的に」

ガトール表情_笑顔
では今回は、具体的な対戦方法を考えて見ましょう。

続く。

シンプルに考えると…
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼ゲームの流れ
1. 1Pはロボをころがします。
2. 2Pもロボをころがします。
3. 1P、2Pの行動が終わったら、
  そのロボが立ってるかどうかで攻撃の成功、失敗を判定、
  お互いの攻撃力分、HPを減らします。
4. 1〜3を繰り返し、どちらかのHPが0になったら終了です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
という感じでしょうか。

ここで言う攻撃力とは、各パーツに設定された攻撃力の合計で
HPも各パーツの合計で算出する形で考えています。

まぁ数値の調整や何やらでゲームにはなる気がします。
気がしますが…イマイチですね。
ガトール表情_ガッカリ

イマイチな理由は
「数字が多くて計算が面倒」というゲーム的部分
「ロボが戦う、という要素を生かしていない」
「戦っている爽快感が無い」という
いわゆる設定との親和性の部分の2点があります。

では1つ1つ解決していきましょう。

まずはゲーム的部分から。
基本的な考え方として、
 ・丸い=立ち易い=攻撃力が低い
 ・四角い、トゲが多い=立ち難い=攻撃力が高い
となるべきです。
今の所、ぼんやりと
ロボ玩具_得点ロボ_logo_g
こんな感じで、各パーツに数字を書いて、その合計が…
なんて考えていたのですが、先程も書いた通り
計算も面倒だし、やりかたとしても
イマイチスマートではありません。

ガトール表情_ビックリ
…!! ヒラメイタ!!

ならば「トゲの数=攻撃力」としてはどうでしょうか!!
これならいちいち数字を書く必要はありませんし
「トゲが多い=攻撃力が高い」というのも直感的で判り易いです。
具体的には…
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
▼攻撃力計算
・攻撃力は、基本を3とし
 それプラス、ロボのトゲの数でカウントします。
 また、攻撃力に加算されるトゲには
 それと判るようにデザインします。
ロボ玩具_トゲロボ_logo_g
 (今回は、トゲには赤い色を塗って判別しています)
 この場合、基本3+トゲ8なので、合計で攻撃力が11になります。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
基本を3にしたのは、一応トゲが無くても
戦えるようにする為の配慮です。

あとはHPは…
一律10、もしくは無しでよいかなー
なんて思ってます。
大人向けであればより複雑にするのも有りなのですが
対象年齢や遊ぶ状況を考えると
紙や鉛筆等、ロボ以外のものを使わない方が良いと思いますし。

では来週は「ロボが戦う、という要素を生かす」
「戦っている爽快感を出す」というお題について
考えて見たいと思います。

字が多いなぁ…と思う方は
人気blogランキングへ、スイッチオンッ!!


ではまた来週。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2009年05月25日 02:16
大人向けのゲームをつくるより
子供向けのシンプルなゲームをつくるほうが
課題が多いのでしょうね。
こうやってゲームができていくのかと
毎回感心して拝見しております。
ぽち

コメントする

名前
URL
 
  絵文字