2009年06月27日

20年で伝わるもの。

ガトールバナー

ガトールです。

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット PLAYSTATION 3 the Best
MGS4をクリアし、その余韻に浸る意味で、ノベライズである
METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS
METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS
を読了しました。

基本的にはかなり忠実なMGS4のノベライズなのですが
語り手がオタコンになっていたり
MGからMGS3までの復習が散りばめられていたりと
ゲームを遊んだ後でも面白く読むことができました。
個人的にはゲームを1章遊ぶごとに
小説も1章進めると、内容をより深く理解できて
良いのではと思います。

で、この小説を読んでいて強く感じたのが
MGS4を凄く丁寧に、忠実に再現しているなぁ、という点。
しかもその再現が、台詞や設定といった表層な部分ではなく
テーマ的なものも含めてされているのが驚きなのです。

続く。

このノベライズを、直接原作者が書いたり
原作が評価された数年後に

というなら理解できるのですが
ゲーム発売後時を待たずして、というのが
なかなか凄い事の様に思います。

なんでもこのノベライズを手掛けた伊藤計劃さんは
学生の頃スナッチャーに出会ってから
20年来の小島監督のファン
なんだそうで
それを聞けば、監督の意図を
根っから理解しているというのは
(当然、御本人の才能もあると思うのですが)
至極納得な話です。



20年というのは面白いもので
子供の頃影響を受け大好きになって
大人になりその大好きを仕事にする

というのに適した時間です。

最近のガンプラの出来が凄いのも
子供の頃ガンプラにハマった世代が
いまそれを仕事にしているから
であり
ゲーム業界もファミコンにハマった世代が
いまそれを仕事にしているから
クオリティが底上げされています


小島監督も20年間作品を作り続ける事で
その遺伝子、意思が、色々な形で
芽吹いているんですね




しかし残念ながら、伊藤計劃さんは
今年1月に病気で亡くなられたそうで
そう考えると何とも皮肉な様にも感じるのですが
小島監督の意思が伊藤計劃さんに伝わった様に
他にも監督の意思を受け取っている人はいる筈ですし
何より伊藤計劃さん自身が書いた本が
また他の人に影響を与え、生きていくと思うのです。


僕もこの出会いを大事にする為に
伊藤計劃さんの他の著書を読んでみたいと思います。

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

積まない様に!!と思う方は
人気blogランキングへ、スイッチオンッ!!


▼△▼△▼△▼
 今週の一枚
▼△▼△▼△▼


本文と関係無さ過ぎて申し訳無いのですが
「博多餃子舎スタジアム603」に行きまして
餃子パフェ
餃子パフェを食べました。
一見アレな感じですが思いの他普通
良いのか悪いのか。

ではまた来週。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2009年06月28日 12:34
ゲームをあまりしない私でも
話題をきいただけで
「おもしろそう!」と思ってしまうものもあります。
それはいまゲームを作っているのが
先人たちが育ててきたゲームを楽しんだ世代
だからなんですね。

好きなことを仕事にしているのは
大変なことでしょうが
いつまでも楽しんでいいゲームをつくって
欲しいですね^^

ギョウザパフェΣ(゚д゚;)
ぽち

コメントする

名前
URL
 
  絵文字