2009年09月05日

ゲームと選挙と宗教と。

ガトールバナー

ガトールです。

毎週何を書こうか困っている僕に
時々トーゴーさんがネタを提供してくれます。

今回、以下の様な事を書いたら?という提案を頂きました。
----------------------------------------------
・お題
 政権交代とゲーム機の主流交代をかけて書く

・切り口
 ゲーム機ってハードメーカーのマニフェストだよね
 ゲーム業界はわりと政権交代が出来ている
 政治もゲームも、どちらも決めるのは
 民意(ユーザー)だよね
----------------------------------------------
なるほど
いくつか符合する点はあります。

でも少し違和感も感じますね。

この論で言うと
「ハード購入=投票」
という事になりますが…

続く。

最大の違和感は
ゲーム機(ハード)であれば、主流(シェア)がどうであろうが
そのソフトを遊びたいと思えばそのソフトとハードを買って
実際に楽しむ事ができます。


でも選挙の場合、その候補、党に投票したとしても
勝たなければ政策は実現されません。

僕はその党に投票したんだから
僕だけその政策下で生活させてよ
とはいかないのです。

やっぱり「ハード購入」の
例えとしてハマるのは
選挙より宗教ではないでしょうか。

ある宗教を信じた(ハード、ソフトを購入した)その日から
その教えの元で生きられる(ゲームができる)し
もちろん、多くの信者(シェア)を獲得すれば
その活動をより活発にする事が出来る
(後発売されるタイトル数も増えるし
 ハード寿命も長くなる)でしょう。

なので、ハードメーカーにとってのゲーム機は
マニフェストと言うより教義であり
ユーザーにとってハード購入は
投票ではなく入信なのかも知れません。

まぁ、ぱっと思い付く相違点は、宗教と違って
ハードは複数所持してもOKという所でしょうか。
あ、でも日本は八百万的な考え方なので
そんなに間違いでもないか。

特定ハードをヨイショするのを信者とか言うしね…と思う方は
人気blogランキングへ、スイッチオンッ!!

まぁ例えはどうあれ、ゲームなんだし
争ったりせず共存共栄、切磋琢磨
平和にいきたいですよね。


▼△▼△▼△▼
 今週の一枚?
▼△▼△▼△▼

結局生でお台場ガンダムを
見ることは出来ませんでした。残念。
なので御当地ロボもこれで一応最後と言う事で。
御当地ロボリスト3
何とか36県埋まりました。
いやー頑張りましたねー。
皆様、ご協力ありがとうございました。

特にリストが埋まったから何と言う事も
無いんですけどね。


ではまた。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あーちゃー   2009年09月06日 03:37
>多くの信者(シェア)を獲得すれば
その活動をより活発にする事が出来る
そうですかね?最近のN社を見ると、いわゆるくそゲーしか出ていないように思います。
実際N社以外のソフトは売れない状況ですし。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字