2009年09月30日

目標を管理する(後編)

昨日の続きです。

目標が達成できた場合は、
次のステップの目標を立てます。
目標達成来月
この例では、一ヶ月目で報連相に問題は
なかったけど、相談が少なかったように思える。
上司などと話し合った結果
仕事の質を向上させる意識が低く相談が少なかった。

〜と分析。

で、来月の目標が
「仕事の質の向上に繋がる相談を増やす」に
なっておりますな。

月に一度の頻度で
上司とフィードバック面接をして
こういった内容を話し合っているようです。
フィードバック面接

この段階まで終わった
目標管理シートは、ディレクターや
担当役員などが目を通します。
最終評価
この例は昨日あげた
できていない場合のケースですな。

最終評価に、なぜ直接関わっていない
ディレクターや担当役員などが目を通すのかというと
育成状況の把握、指導のミスリードが
ないかなどをチェックするためです。

新人さんという事でコレを毎月行っています。
(ちなみに他のスタッフは半期に一度
自己評価と査定を行っています)

書類にする事で、本人も上司にも
「何が出来ていて」
「何が足りていないか?」

を把握しやすいようになっております。

今回は分かりやすい例として
報連相をあげましたが、目標は
「最新3Dなんちゃらツール」の修得とか
どんどん開発向けの技術的なものが
増えていきます。

まどろっこしいと思うかも知れませんが
新人さんは、ついて行くだけで精一杯なので
こういう書面は役に立つんですよ。


いつも応援ありがとうございます!
応援のポチお願いします

人気blogランキングへぽちっとな
人気ブログランキングへ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2009年10月01日 19:24
いろんな方から
見守られて新人さんが
育っていくという環境が
ガンバリオンさんにはあるのですね。
素晴らしい仕組みです!
ぽち

コメントする

名前
URL
 
  絵文字