2009年11月13日

ゲーム産業向け知的財産セミナーin 福岡

こんにちは
広報トーゴーです。

今日は以前ちょこっと紹介しました
九州経済産業局
九州知的財産戦略協議会 主催
「ゲーム産業における知的財産制度について」
のセミナーレポートをお送りします。
知的財産セミナー2

このセミナーはそのお題の通り知的財産制度について
基礎的な部分からかなり詳しく説明があり
さらにそこから様々な項目を
“ゲーム業界”に当てはめて
説明して頂いたので大変分かりやすいものでした。

例えば
・説明で使われる架空の事例のほとんどが
 ゲーム業界でありそうな
 身近な事に置きかえてある。
・紹介される判例が実際のゲーム業界で
 起きたもの。
のような感じです。

講師の方は
マジコン提訴でもご活躍された弁護士の方で
「さすがプロの弁護士は違う!」
(失礼で当たり前ですが…)
と思いました。

あとトーゴーが印象に残ったもの。
「特許侵害は、知らなくても侵害になるが
 著作権侵害は、見た事が必要。」
に改めて“なるほど”と納得。

ゲーム会社でテーマになりやすい
「職務著作(仕事でつくったものは
 法人の著作になる)」についてのお話は
大変興味深いものでした。

ガンバリオンが仕事でつくっているゲームは
いうなれば“知的財産の塊”なわけで
開発スタッフにとっては皆、密接に関わっています。

そういう理由で
ガンバリオンの開発職はもちろん
ほぼ全員に近い人数が参加させて頂きました。
知的財産セミナー


ちなみに明日(14日土曜日)には
第2回目、第3回目も予定されています。

以上、広報トーゴーより
ゲーム産業向け知的財産セミナーレポートでした。


いつも応援ありがとうございます!
応援のポチお願いします

人気blogランキングへぽちっとな
人気ブログランキングへ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^   2009年11月15日 01:06
こういう専門分野の話は
しっかりと勉強しておきたいものですね^^
興味深い内容です。
ぽち

コメントする

名前
URL
 
  絵文字