2012年08月18日

沖縄紀行(1)石垣島

「はいさーい」

・・・にわか沖縄かぶれの山倉です

この夏休み、皆様いかが過ごされましたでしょうか?
私は夫と共に3泊4日で竹富島と沖縄本島に行って参りました!!

まずは飛行機で
福岡から沖縄
そして
沖縄から石垣島へ
飛行機を乗り継ぎます

石垣空港到着ロビー。
1e6bd338.jpg

ロビーじゃなくてリアル地上。露天。

ここから目的の竹富島まで高速艇で10分なのですが
竹富島でのホテルのチェックインまで4時間以上あるので
時間まで石垣島をうろうろすることに。

昼ご飯前に見つけた沖縄で人気の特撮「琉神マブヤー」
92459136.jpg

看板になんて書いてあるのか、さっぱりわかりましぇん。
カゴが横に置いてある演出がシュールです。
この後、沖縄本島では至る所にマブヤーがいて人気のほどが窺えまする。

そして相変わらず旅の予定は基本ノープランな我々ふたり・・・。
昼ご飯にタコライスを食べながら、旅の本など見つつ作戦タイム。

とりあえず時間もあるので沖縄の昔の建物を移築して
集めてる、うるま村という場所があるというのでそこに行くことに。
bc96dd9f.jpg

旧牧志邸。
指物職人のお父さんが長男の医院開設の為に建てたものらしいす。
八重山諸島の一級の材木を使用しており釘は一本も使ってないのが見所。
いわゆる継手だけで組んでるのですね。
こういうものをじっくり堪能するのは大好きです。
熊本城の時も書いたのですが
美と実用性の両方を兼ね備えたものは、素直に素晴らしいと思います。

建物は出入り自由で昔の琉球で使っていた農具漁業具など
様々なものが展示されていたのですが
中でも目をひいたのが沖縄がアメリカ統治下だったときのお金。
0b405732.jpg


B型軍票。
軍隊と金を押さえられると身動きがとれないよな、と思う40歳の夏・・・。

マングローブの湿地帯。
8bf6db74.jpg

デッキにしゃがんでカニやら魚やらをのんびり眺める。
カニVSカニや、穴を掘るカニ等がいて見てるだけで相当楽しい。
いつまでも飽きずに眺めていられます。
周囲は蝶々やトンボも飛んでて、想像以上に自然を満喫。

しばふ。
6e1ba4b8.jpg


ここでもベンチに座ってぼーっと。
日向はとてつもなく暑いのですが、日陰に入るととても涼しいのです。
しばらくのんびりして竹富島に向かう石垣港へ。

タクシーの道中、運転手さんから
「あれが涙そうそうの夏川りみの家だよ」
と教えてもらうのですが、石垣島での旅の間
3回タクシーに乗って3回教えてもらい
「もう知ってるよ」とはさすがに言えず
二人して何度も大げさにリアクションしてしまう
というアクシデントを乗り越えて石垣島を後にしたのでございます。

竹富島編に続く。

yamachica at 13:43│Comments(0)TrackBack(0)││プライベート 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字