プライベート

2013年06月03日

君は美しい

人間誰しも苦手な事があると思いますが
私の場合は物の名称。
かなり意識して憶えようとしないと忘れてしまいます。

例えば数学などで使う公式。
公式の概念は憶えているのですが
どういう名称だったかはきちんと憶えてない。
なので問題は解けるけど、使った公式の名称はわからない、
と、世の中の事象をぼんやり把握して生きています。

なので
物の名前を勘違いして記憶してるなんて事がよくあるのですが
神様は良くしてくれたもので
夫が必要以上に知識が豊富で、天才的に物の名前を記憶しているので
日常生活もかなりの部分を、夫によって支えられて生きております。


最近あったこと。

<アイナメ事件>
私「鳥羽水族館にアイナメがいるんだって!」
夫「ふーん、昔アイナメを釣ったことがあるよ」
私「えええ!!すごい!広島にもいるんかい!?アイナメは!!」
夫「うん、釣れたよ」
私「凄いねー!釣れるってことは、結構小さい子どものアイナメやったんやね!!
そうかー!!瀬戸内海にもいるんやねー、普通につれるんやね」
この辺で夫が疑いはじめ、無言になる。
私「ソフトバンクのCMに出てる奴みたいなんやろ?すごいねー」

夫「あのさ・・・たぶんそれスナメリ。
アイナメとスナメリは違うよwww」

・・・そう!!!

何をどう感違いしたらアイナメとスナメリを間違えるのか。
自分でも謎。
「ナメ」が引っかかるのか?

夫曰く、私のテンションの高さから
たぶんアイナメじゃない何かだろう、とうすうす感づいてたそうな。
すごいな、夫。さすが。

他にも
猫を小脇に抱えながら
「振〜り〜向くなよ〜♪振〜り〜向くなよ〜♪」
と足踏みしてたら
夫「・・・それサッカー」
と・・・。
ラグビーと思ってたよ。
あ、ラグビーはあれか、HEROか。

てな具合で、昔からその気配はあったけど
最近よりひどくなってる気がします。
これはずばり老化なのか!!

ホント、皆さんに支えられて生きております。

yamachica at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月15日

小倉紀行(3)

小倉紀行続き

小倉城内に入ると、天草四郎が天草の乱を起こして
さて小倉城から出兵するかね?しないかね?的な
小田原評定ならぬ小倉評定を見ることが出来ます(*・ω・)ノ
bb45536f.jpg

「殿!!」
みたいな。
夫婦揃って時代もの好きなので、周囲がちょっと引く位ガン見です。
まぁ我々以外誰もいないのですが。

カゴ
e27433a9.jpg

乗れます。
変な揺れを体感できます
こういうの私は乗るの大好きです。
子どもの行列に混じっても絶対乗るむしろ燃える
まぁ我々以外誰もいないのですが。


他にも
小倉藩には佐々木小次郎が剣術師範としていたらしいのですが
佐々木小次郎と宮本武蔵が使った剣のレプリカが置いてあって
握って持ち上げてみることができたり
(意外に日本刀って片手じゃ持てません、重くて)
江戸まで飛脚と競争する機械が設置されていたりと
なかなか楽しめます


天守閣からみた夕暮れの小倉の街
9bc4df2d.jpg

天守閣からお殿様はどういう気分で眺めてたんですかねぇ・・・

って、そういえばこないだ
「天守閣に殿様は住まないよ」
と取締役の入江に話してたら相当驚かれました。
そうです、城は軍事施設なので、居住区は別なのです。
これ豆知識な。


階段降りて城の1階でお土産屋さんのぞいたら
7dd27bcf.jpg

孫次だこ!!!
可愛いでしょ
これガンバリオンのスタッフのご実家の凧屋さんなの
まさか城の中で遭遇すると思わなかったので驚きです
殿様は住んで無いけどスタッフの作った凧が飾られてました(´∀`)

天守閣からでてすぐ、銀杏が実をつけてました。
787c2a40.jpg

熊本城は別名銀杏城と呼ばれているほど銀杏が多いのですが
小倉城も熊本城とご縁があるだけのことはあるなー・・・
なんてこれも城の豆知識な。

外からパチリ
a2b9e72d.jpg


半日ほどの旅でしたが堪能しました


今回感じたのですが小倉のように近すぎて逆に行ってない場所も
多いかもしれません。
老後の楽しみにとっときたいと思います。

あした使えない豆知識を書き連ねたところで
小倉紀行おわり

yamachica at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月02日

小倉紀行(1)

北九州市小倉でB級グルメのイベント
B-1グランプリが開催されると言うので
初日の土曜日に行ってまいりました

北九州市は私の住む福岡市と同じ県内ですが
特急電車で50分ほどかかるので(というのを言い訳に)
大好きな新幹線をズバッとチョイス!!!
4aee4834.jpg

新幹線こだま、500系です
ブルーでシャープなお顔が格好いい!
なんと15分で着いちゃいます!
昼ご飯を食べずに乗り込んで、会場でお昼ご飯をたべようという魂胆です。
ぐふふ

会場に到着すると馬ニュースならぬ旨ニュースが配布されてます。
旨ニュース、熟読すると面白いです。
60431aea.jpg

パンフレットとにらめっこしながら本命を狙おうとしますが
本命は2時間待ちなどハードな状況ですので

さっくり食べられるハムフライとビール
01f80da4.jpg

晴天の元、芝生でたべるハムとビールが美味すぎる・・・
夫婦共に普段お酒は飲まないのですが、外に出る機会があるといただきます。
私のお尻が芝生だらけになるのを気にした夫が
「これから敷物を持ち歩こうか」
などと言ってましたが、年に1回あるかないかだし
別に芝生くらい構わんがな、と私などは思うのですが
さすが片道10分の通勤で毎日折りたたみ傘を持ち歩くだけの男です。
さらに毎日小型の懐中電灯も持ち歩いてます。
いつも準備万端な男です

さて、少しお腹に入ったので、落ち着いて次の獲物を狙おうと
ビール片手に会場を回っていると秋田県
43629eb9.jpg

なまはげ発見!
このあと、なまはげに抱っこされてる子どもが号泣してるのを
お父さんらしき人が笑いながら写真撮る、という現場が見られました
子どもトラウマになるんじゃ・・・でも、可哀相だけどおもしろい・・・。
なまはげに抱っこされると健康になるらしいよ

隣にいた愛知県高浜市のとりめし
0ca455bf.jpg


腰巻きの文字を、とりしめ、と読んでしまいたくなるのは仕様でしょうか?
どっちでもいいです。可愛いから

B-1グランプリはお客さんの投票でグランプリが決定するのですが
食べたお箸が投票権になり、一番美味しかったお店に箸を投票して
重量で決めるそうです。
よくできたシステムですね。
ゴミも回収できるし

この後、優勝した八戸せんべい汁等を頂いたのでございます。
60万人も来場者があったそうですが、あまり並ばずに済みました。

小倉紀行 続く

yamachica at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月03日

アカパックン

通販で買いました

カッパじゃなくて

「アカパックン」
f826bdce.jpg

1200円也。

何に使うのかというとこのカッパ
お風呂に入れておけば、あかや脂を吸い取ってくれるという一品。

追い炊きする時などに入れておけば二日目のお風呂も
あら綺麗
お掃除の時もするっと汚れが落ちてしまいます

入浴中、ずっとカッパが浮いてる状態なのが気になりますが
慣れれば楽しいもんです。

アメトークのお風呂大好き芸人でやってるの見て
どうしても欲しくなっちゃった。

是非奥様のお宅にも

yamachica at 23:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年09月14日

沖縄紀行(4)首里編

前回からのつづき
公設市場へ

日本の中でもかなりアジアを感じる場所
DSC_2884

スタッフやお友達へのおみやげのお麩やちんすこうを買いましたよ

色とりどりのお洋服がずらり。
DSC_2883
良いなぁと手にとってみても、沖縄以外じゃ着られないしなぁ。

首里城
DSC_2896
お城好きとしては押さえておく必要あり!
ですが、実は前に来たことがあるんですよ。
なので今回は夫の為に来ました

まずは外壁から。
DSC_2902

日本のお城とちがって石垣の上部が反ってますね。
これは登りにくい!

2千円札の絵図にもなてる守礼門前。お約束の記念撮影。
DSC_2918
この旅唯一の自分映りです。
なにげに腰につけてるタオルが沖縄の暑さを物語ってます。
おばちゃんになると腰にタオルつけることにも、躊躇が無くなっちゃうわよねぇ。
反省

スタンプラリーしながら進む。
DSC_2927
前に来たときは無かった。
対象が子どもだけでスタンプ集めるとシールがもらえる仕組み。
窓口で
「大人でもいいですか?」
と、恐る恐る聞くと
「はい、そういう方もいらっしゃいますよ、でもシールはさしあげられません」(苦笑)
と、フォロー?される始末。

無類のスタンプラリー好きなので、あったら必ずやります
童心にかえってスタンプを押しまくれ!!!

正殿と御庭(うなー)。
DSC_2953

日本のお城というより平らな作りで小さな紫禁城のよう。
本物の紫禁城にも行ったことがあるのですが
こちらはそのミニチュア版なイメージ。
建物は沖縄返還後に再建された建物です。

正殿の2階にあたる玉座。
DSC_2968
立派ねぇ。
ここから先ほどの御庭が見下ろせる仕組み。

おっと、首里城内まで「萌え」の手が!
DSC_2971
イケメン発見。
何かのキャラクターなのかしらね?
おたくはどこにでもいるわね。


今回、八重山諸島は竹富島と石垣島だけしか行けなかったので
次回は他の島にも行きたいわ
というかむしろ住みたいよ。
八重山!!

yamachica at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月03日

沖縄紀行(3)那覇編

続き。

石垣空港から旅のお供はオリオンビール
DSC_2852
薄味でごくごく飲めてとても、ンマイ!
中国の青島ビールに似てあっさり味。
旅気分を味わいたくて買ったモノの、あまり飲めないんで半分ずつです


石垣空港から那覇空港の飛行機
お隣に座ったのが具志堅用高さんでした
少しお話しましたよ
素敵な方でした


んで、沖縄のゆいいつの鉄道、ゆいレール
DSC_2998
このゆいレールに乗るのも、沖縄の旅の目的のひとつ
あたまに首里城がプリントされてます。
フリーパスを買うと観光施設などの入場代等がお安くなりまするお得。
私達は2日間で1000円のパスを購入。
おかげさまで1人あたり、2000円ほどお得になりました。
ありがとう、ゆいレール

ゆいレール車体のロゴ
DSC_2857
ロゴはついつい撮影してしまう。
車体を作る人が、最後に愛をこめてそうなので
なんとなく、思い込みですが。

海軍壕公園、海軍慰霊之塔
DSC_2867
10年前も来た事があるのですが、改めて。

旧海軍司令部の
つるはしで掘り進めた、約300メートルほどある壕。
その出口付近。
DSC_2860
壕にこもって重火器の無い中の徹底抗戦の末、
海軍の2000名あまりの方が
最期ここで自決をされたのです。

ここで大田司令官の最期に発した
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」
の電報を読んで号泣。
更にお孫さんのスピーチの文章を読んで大号泣。

沖縄の歴史は、調べれば調べるほど、辛いです。


「壷屋やちむん通り」へ。
DSC_2872
左右のシーサーがなんとも味わいの深い顔をしています。
「壷屋やちむん通り」は、沖縄の陶芸品のお店が並ぶ焼き物通り。
ここでこの旅の唯一のお買い物予定です!

と、その前に一休み。
「うちなー茶屋 ぶくぶく」さんへ
DSC_2877
ここで沖縄伝統のぶくぶく茶をいただきました!

写真がぶくぶく茶。
ジャスミン茶の上にぶくぶくした、ちょっぴり苦い泡が乗ってるよ。
泡の正体は分からずじまいだったよ。
DSC_2879
沖縄でお祝い事がある日に飲まれるという事で
狙ってやってきました、この日は8月13日!

ガンバリオン生誕13年を祝うためにここに来たのです!!

お誕生日おめでとうガンバリオン!!
ありがとうみんな!!そして、13年もお疲れ様、わたし!!!
と自作自演なイベントを堪能


プチ祝いの後はこの旅の本当の目的であるシーサーを買いに。
30軒近くのお店をまわって出会ったシーサーが
この子たち!!!!
DSC_2881
こんな格好いいシーサー見たことない!!!
格好いい&可愛い
国場陶芸のシーサー作家、照屋晴美さんのシーサーです。
(背景がレジで申し訳ありません


あまり物に執着しない私が
久しぶりに欲しくて欲しくて堪らなくなって買いました
普段は本当に必要なモノでさえ
かなり計算+慎重に考えて買うのに。
こんなに欲しくなったのは久しぶりです。


13年目を刻んだ日に素敵なシーサーに出会えて幸せ

首里編につづく

yamachica at 22:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年08月27日

沖縄紀行(2)竹富島

前々回の続き

石垣島の港から船で約10分、竹富島が見えてきました。
DSC_2842
海が綺麗すぎて、ここ半年の疲れもふっとぶわ・・・
竹富島は人口約300人の小さな島です。

宿についても特に予定もなく、本を読んだりしてぼーっと。
DSC_2808
夫の足が映っちゃってますが。(すいません)

お庭が見えるお部屋で風を感じながらまったり。
こんな感じで1泊目もまったり、2泊目もまったり。
お庭には夜、蛍が飛んでたり、猫が入ってきたりと飽きません。
旅のスタイルは滞在型です


2日目になって、さすがに海にでも行くかという事で
夕方になって海水浴へ
DSC_2810
自転車で10分。
夕方18時のコンドイビーチ。
18時なのにこんなに明るい!

1時間ほど水につかって、星砂があるという近くのカイジ浜に行き
星砂を集めてみる
DSC_2821
よーく見ると星の形
集めてはみたものの
山や川などから石や砂を持って帰ってはならぬという先祖の教えに従い
砂浜に戻しました

集落に戻る途中、ふと道端に目をやると水牛が繋がれのんびりと草を食んでました。
島の人曰く、島の観光で活躍してる水牛車の水牛に食べさせる餌は
夜草の生えているところに一晩繋げておくだけ、とのこと。
草刈りにもなって一石二鳥らしいです。エコだなぁ

島の名物、なごみの塔
昼間は観光客が非常に多いので、19時頃になって
島民と宿泊客だけの時間になって訪れました。
DSC_2825
写真に映ってるのを見て分かるとおり、定員1名。
デザインが宮崎駿か岡本太郎かという位、味があって素敵です。

耳を澄ましても、鳥のさえずりと虫の声しか聞こえない、本当に本当に静かな島です。

上まで登ると島名物の赤い瓦屋根と、珊瑚のかけらを敷き詰めた白い道を
見ることが出来ます。
非常に美しい
DSC_2828
この赤い屋根もそうですが
竹富島は古い琉球の文化、生活を守る為に
島民全員で並々ならぬ努力をされているんですって。

白い珊瑚の道も風で飛ばされるので補充したり
毎朝島民の皆さんが道を掃除したり。
DSC_2830
この日の夜はペルセウス座流星群を桟橋から見ました。
街灯が一つも無い場所で満点の星空の中流れ星を見られるという
その恩恵に観光客の私達があずかれるのも
島の方達の努力のお陰です

竹富島憲章というものがあります。
1、『売らない』 島の土地や家などを島外者に売ったり無秩序に貸したりしない。
2、『汚さない』 海や浜辺、集落等島全体を汚さない。また汚させない。
3、『乱さない』 集落内、道路、海岸等の美観を、広告、看板、その他のもので乱さない。
 また、島の風紀を乱させない。
4、『壊さない』 由緒ある家や集落景観、美しい自然を壊さない。また壊させない。
5、『生かす』 伝統的祭事行事を、島民の精神的支柱として、
 民俗芸能、地場産業を生かし、島の振興を図る。

竹富島の美しいこの環境は島民の努力の賜なんですね


何を守って何を犠牲にするのか

戦後2000人ほどいたこの島は今では約300人。
島の環境を守る為に近代化や便利さが、ある程度犠牲になってます。
今、島にいる皆さんは、その覚悟があって残られている訳で。


さて。
自分が何かを欲してるとして
何かを犠牲にしてもいいという
それ位の覚悟が自分にあるのかしら
心のどこかで
とは言ってもな、とか、ここだけはこれでいいか
なんて、得るものも犠牲にするものも、妥協しちゃったりしてないのかしら?!
と思わせられた旅でした。

リスクをとって賭けることが必要な時が、一生のうち何度かあるよね。


那覇編に続く

yamachica at 19:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年08月18日

沖縄紀行(1)石垣島

「はいさーい」

・・・にわか沖縄かぶれの山倉です

この夏休み、皆様いかが過ごされましたでしょうか?
私は夫と共に3泊4日で竹富島と沖縄本島に行って参りました!!

まずは飛行機で
福岡から沖縄
そして
沖縄から石垣島へ
飛行機を乗り継ぎます

石垣空港到着ロビー。
1e6bd338.jpg

ロビーじゃなくてリアル地上。露天。

ここから目的の竹富島まで高速艇で10分なのですが
竹富島でのホテルのチェックインまで4時間以上あるので
時間まで石垣島をうろうろすることに。

昼ご飯前に見つけた沖縄で人気の特撮「琉神マブヤー」
92459136.jpg

看板になんて書いてあるのか、さっぱりわかりましぇん。
カゴが横に置いてある演出がシュールです。
この後、沖縄本島では至る所にマブヤーがいて人気のほどが窺えまする。

そして相変わらず旅の予定は基本ノープランな我々ふたり・・・。
昼ご飯にタコライスを食べながら、旅の本など見つつ作戦タイム。

とりあえず時間もあるので沖縄の昔の建物を移築して
集めてる、うるま村という場所があるというのでそこに行くことに。
bc96dd9f.jpg

旧牧志邸。
指物職人のお父さんが長男の医院開設の為に建てたものらしいす。
八重山諸島の一級の材木を使用しており釘は一本も使ってないのが見所。
いわゆる継手だけで組んでるのですね。
こういうものをじっくり堪能するのは大好きです。
熊本城の時も書いたのですが
美と実用性の両方を兼ね備えたものは、素直に素晴らしいと思います。

建物は出入り自由で昔の琉球で使っていた農具漁業具など
様々なものが展示されていたのですが
中でも目をひいたのが沖縄がアメリカ統治下だったときのお金。
0b405732.jpg


B型軍票。
軍隊と金を押さえられると身動きがとれないよな、と思う40歳の夏・・・。

マングローブの湿地帯。
8bf6db74.jpg

デッキにしゃがんでカニやら魚やらをのんびり眺める。
カニVSカニや、穴を掘るカニ等がいて見てるだけで相当楽しい。
いつまでも飽きずに眺めていられます。
周囲は蝶々やトンボも飛んでて、想像以上に自然を満喫。

しばふ。
6e1ba4b8.jpg


ここでもベンチに座ってぼーっと。
日向はとてつもなく暑いのですが、日陰に入るととても涼しいのです。
しばらくのんびりして竹富島に向かう石垣港へ。

タクシーの道中、運転手さんから
「あれが涙そうそうの夏川りみの家だよ」
と教えてもらうのですが、石垣島での旅の間
3回タクシーに乗って3回教えてもらい
「もう知ってるよ」とはさすがに言えず
二人して何度も大げさにリアクションしてしまう
というアクシデントを乗り越えて石垣島を後にしたのでございます。

竹富島編に続く。

yamachica at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月01日

熊本城紀行(4)

続き。

途中でお抹茶とお茶菓子などいただいて休憩の後

宇土櫓への移動中、上から視線を感じる・・・
b3538387.jpg


何かから見つめられている?

↓アップ

「武者がいる!!!」 この辺↓
bfcb6b44.jpg


すっごい見られてました
立ち止まって武者を見上げるも、武者、特にリアクション無し。
武者微動だにせず
・・・堪えきれず大爆笑。
忍者といい武者といい、ちらほらいる城の人達が素敵すぎます

宇土櫓。重要文化財です。
17c1581b.jpg


熊本城は再建してるのでコンクリート造ですが
この建物は木造のまま現存しているのです
ちょうど運良く公開中で、中に入ることができ、ラッキー

およそ400年前の建物なので
所々に筋交いなどがいれてあり補強はしてあるものの
しっかりとした造り
75df6667.jpg


同じ時代に建てられた姫路城を思い出します。
雰囲気が似てますね。

狭間と石落とし。
2395b2ab.jpg


石だけでなく熱湯などもまいたらしいです。
恐ろしい

宇土櫓、外から。
efc10105.jpg


ここをよじ登って攻めろというのか?
そんな命令が出たら絶対ノーです、ノー

しかし下から見ると、どこから鉄砲で狙われる恐れがあって
どこから石が落ちてくるのか一目瞭然です。
とはいえ高低差があればあるほど
捉えられる角度が広がるのでやはり恐ろしいザマス。

あと丸の内の中の階段。
階段の蹴上と踏面の高さや広さが微妙に少しずつ一段毎に違っていて
敵が攻めてきても、歩き辛い仕様にしてあるそうです。
こういう細かい箇所の仕様を聞くと
「神は細部に宿る」
という言葉を思い出します。
ゲームも同じですが、こういう細かい事の積み重ねなんですよね。
なんにしても清正公GJです

最後にお隣の加藤清正神社に行ってお参りして
熊本城の旅終了。
およそ7時間ほどの旅でした

熊本名物馬刺しを堪能
b79fe787.jpg



馬刺しの焼肉もいただいたのですが
本当に新鮮で馬のお肉と言われないと気づかないくらいの
癖のない美味しさ。
ビールと一緒にうまー

お疲れ様でした。
熊本城まだの方は是非

yamachica at 07:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年04月25日

熊本城紀行(3)

続きだよ。

いざ天守閣の中に。
5a78f694.jpg



中には戦国時代の甲冑はじめ肥後の貴重な資料が
展示されていますが中でも必見なのが

一口1万円寄付して城主になれる一口城主の
「キン肉マン マリポーサ」
b4d4da2d.jpg


あのキン肉マン、王位争奪編の1回戦
熊本城でキン肉マンと戦ったマリポーサの名前発見。
キン肉マンファンの方かもしれないですね

これを目当てに夫婦2人で必死に探してたら
近くに名前検索マシンが設置されており
案外簡単に見つけられました
おたくに優しいよ、熊本

大天守閣6階からの眺め。
c61c83d5.jpg


あっぱれじゃー
(何が?)

復元された本丸御殿の暗がり通路。
この上に本丸御殿があるそうです
e20ac84e.jpg


素敵

ここでも城攻めの時は、侵入するのに大変だっただろうなぁ等と考える。
大軍で攻めてもこのように入り口が狭いと
数の勝負ができないから
少数で攻めてるのと変わらないし
ほんに守りに良い城の造りですわね
などと「城ト〜〜〜ク」を繰り広げる相方とわたし


通路の上の本丸御殿の大広間。
6e2da061.jpg


清正公が豊臣秀頼公がもしもの際に
西に逃げられても良いクラスの広間を作ったらしいですね。
なるほど納得の金ぴか具合。
天守は武器庫&最後の籠城として機能してたらしいですが
本丸御殿は台所や接待所など、普段の生活の場所だったらしいです。

忍者はっけん
e95e394c.jpg



写真をお願いすると、気持ち良く応じてくれました。

・・・全く忍んでない

それどころか最も往来の激しい箇所にいたので
寂しがり屋かもしれません


続く。
まだ続くし。

yamachica at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年04月23日

熊本城紀行(2)

熊本城紀行、続き。

熊本城入り口。
いくつか入り口があるのですが、竹の丸方面から入ります
e80fc568.jpg


おとな500円。
満開の桜が見えます

中に入ると桜だけでなく
肥後六花のひとつ「肥後椿」もお出迎え
e39ef15d.jpg


肥後六花とは
肥後菊、肥後椿、肥後山茶花(ひごさざんか)
肥後花菖蒲(ひごはなしょうぶ)、肥後朝顔、肥後芍薬(ひごしゃくやく)
があるらしく、季節毎に見られるらしいです(^_^人)
その育て方は門外不出らしいです。

入ってすぐに天守閣が見えた!
近そうに見えますが、実はかなり遠い。
1f6dc621.jpg


比較対象の為の通りすがりの人、イン
この時点で私たちはすでに堀の中に入っちゃってますが
天守閣に近づくには
さらにあと三重の石垣を越えなくてはなりません

本格的な城マニアの方は城を見て
どうやってこの城を攻め落とすか
を何時間も考えるのが楽しいらしいです。
ちなみに入り口にから入ってすぐに天守が見えるのは
縄張りの定石なんですって。
わざとその方向に道は作らずに作っても仕掛けを施して
敵の侵入をしづらくするんだとか

竹の丸抜けた処の不開門。
f30e5d53.jpg


瓦の家紋からこの城を建てた加藤清正の時代のものではなく
その後の城主、細川家の時代のものと分かります。
細川家、あの有名な細川ガラシャのお家です。

有名な二様の石垣。
二種類の石垣が一緒に見られる場所。
8b5509e8.jpg



この石垣、手前右が昔の物で穴生衆が積んだと言われる穴太積みで
傾斜が緩やかになってます。
左がより進化した算木積み。
右の物より傾斜がより急角度になってます。
違いは石垣の角の石、隅石の形状なのですが
緩い方は隅石に同じような大きさの石を使っていて
急角度の方は石の長辺と短辺が交互になるように積まれてます。

やっとこさ大天守
12c6c2cb.jpg


格好いい
中は博物館になってます。

併せて小天守
d1f3642a.jpg


素敵

正面からどーん
e11617bb.jpg


姫路城の時も雲一つ無い良いお天気でしたが
この日も快晴でした

ついてるなー

続く。
続くよ。

yamachica at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月19日

熊本旅紀行(1)

最近何かと忙しくって
おひさしぶりの更新です

ちょっと前ですが熊本城に行って参りました!

熊本城お城まつり

桜満開にあわせて、相方と一緒に行って参りました。
02748b1e.jpg


新幹線で熊本へ。
熊本まで約40分で行けちゃうので日帰りの旅です

博多駅で待ってるとお向かいのホームに、なんと
あの幻の新幹線「ドクターイエロー」がッ!!!
da30628e.jpg



ドクターイエローとは!
知る人ぞ知る、新幹線の線路の保守や調査の為の新幹線
末期色、ならぬ真っ黄色の塗装なのです
滅多に見れない憧れの車両!!!
今まで噂にだけ聞いていた、幻の新幹線を見ることができました。
超!!!超!!!嬉しい

今年は良いことがありそうです


で、今回の旅はこちらの新幹線「さくら」
e04ec731.jpg


さくらの指定席は横2列+2列のゆったり仕様。
のぞみやひかり(横3列+2列)などより、ゆったりと乗れるので
東方面に行く際も、さくらがあったらそちらをオススメ
指定席に乗りましたがシートも上質ですし電源もとれるので
同じ価格なら絶対こっちがおすすめちゃん

熊本市電で熊本城最寄り駅の花畑町まで。
ebed6aa1.jpg



ああ懐かしい、電気軌道車。
花畑町から熊本城まで徒歩5分ほど。
福岡も路面電車を残して欲しかったなぁ

熊本城入口。
熊本城を作った加藤清正公です
ce4a7d29.jpg


兜の形がイカすながいよ

到着後すぐにお城近くのお食事処に入って
まずは腹ごしらえ&地図を開いて作戦会議。
こういうのは作戦を立ててきっちり押さえたい2人
4a90c397.jpg


私が行こうと言ったのに、作戦を立ててくれるのは相方。
大抵は到着するまで基本ノープラン。
いつも旅行では作戦会議の為に、あらかじめ駅の観光案内所に寄って
ご当地オススメマップをもらってきます。
それを広げて(こっちからまわって、ここも行って・・・等)
作戦立てつつ、春らしい会席をいただきます(*^^人)

お土産屋さんの前に、熊本のご当地キャラ「くまもん」が!
561b068d.jpg


「わーくまもんだー!可愛い

とはしゃいでると、相方がぽつりと一言

「・・・本物じゃない」

ええッ!?
彼の言う「本物の定義」がイマイチ分かりません
長い付き合いですが分からない処多し。

まだ一切熊本城でてきてませんが・・・
続く。

続くよ

yamachica at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月27日

ひなあられ祭り

3月3日は桃の節句

おひなさま。
ってことで

私の中で第二次「ひなあられ」ブーム到来中です。

第一次「ひなあられ」ブームは
去年のひなまつりに頂いたひなあられ.
これがとても美味しゅうございまして
それから約一ヶ月間、ほぼ毎日ひなあられを食す、
という毎日を過ごしていたのでございます。
しかし3/3が過ぎると肝心のひなあられが売ってない
というひなあられ供給不足に陥りまして強制的にブーム終了。

供給が再開された現在
第二次ひなあられブームが到来したのであります!!

私、美味しいものがあって、一旦はまってしまうと
そればっかり食べ続けてしまう悪い癖があります

今までのブームたち
・鈴カステラ
・きんかん
・干し柿
・アボカド
・100%りんごジュース
・バーニャカウダ
・辛そうで辛くないラー油
・↑イン納豆
・干芋
・温泉豆腐
・するめ
・うまか棒

↑温泉豆腐に至っては、有名旅館の温泉豆腐用の水や
高級な昆布やだしまで購入するほどはまりました・・・

しかしこうして書くと
ジャンクなものばっかりですな。

yamachica at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月19日

豪雪?


・・・昨日、一昨日と、福岡ではご覧のような雪に!

695b4b14.jpg



10僂曚廟僂發辰燭修Δ任后

これぽっちの雪で、都市高速道路が通行止めになる等
雪に弱い九州都心部。
ずばり・・・慣れてないのです。

といいつつもお庭をふとのぞくと
水仙つぼみも、前に見た時よりも膨らんでいました。
少しずつ少しずつ、春が近づいているんですね。
知らないうちに。

水仙は、まだ冬の寒さが残る春先に咲きますが
その背筋をピンと伸ばして堂々と咲く姿に惚れ惚れします。
水仙を見るたびに、私も寒くて丸めてしまった背中を
「シャキッと伸ばそう!!」と思います。

春の暖かい日差しを待ちわびて雪解けを、じっと待つ花たち。
寒さに耐えに耐えた後の、春のよろこび。

私のために咲くわけじゃないけれど
早く可憐な姿を見せて欲しいです。

しかし今年はさむいなー。

yamachica at 23:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年02月08日

共働きの家事

フルタイム共働き、子ども無し、しかも片割れが社長のやまちか家。
いったい家事はどうしてるのか?

私は家事は苦手で、出張が続いたり仕事が忙しい時には
家政婦さんに家事をお願いしようか・・・
と思った事もあったのですが・・・最近は家政婦も流行ってるし。


家政婦のミタ。とかね。




(^^)

今の処、家政婦無しで、なんとか頑張れてます。

家事を頑張れる3つの秘訣。

1)家事は相方と一緒にやる。
どっちも忙しくない時は、必ず一緒にやります。



2)機械ができるものは機械まかせ。
最近は家事が効率よくできるものが沢山あります!
特に↓の3つの機械は、劇的に家事が減ったと思います。

・食洗機
食後、洗う物がフライパンや鍋、ざるだけで良いです。
想像以上に快適。

・洗濯乾燥機
洗濯物が乾いて出てくるありがたさ(-人-)
電気代も分からない程度。
おしゃれ着は週末まとめてやる。

・自動掃除機(ルンバ)
スケジュール機能で毎週決まった日の決まった時間に
自動で掃除。充電のベースにも自分で帰るお利口ロボさん。
これにダスキンなどのモップがあれば
ルンバ氏が苦手とする部屋の隅なども
時間のある時にササッとなでて終了。

以上。手放せないものシリーズ。
共働きの皆様、是非、導入されてみてください!


3)食事の献立は1週間分+事前加工
買い物は週に2回位で
あらかじめ買う物を決めてから買いに行きます。
メニューに迷う時間が必要ありませんし
使い忘れて食材を捨てること等は、ほとんどありません。

また家に帰ってから食事の支度は正直しんどい。
ですのでなるべく、素材は時間のある日に下ごしらえをしておいて
冷蔵庫や冷凍庫に保管、すぐに調理→食べられるようにしています。

(常備冷凍)
炊いたご飯→茶碗一杯ずつ冷凍。レンジで2分で解凍して食べられる。
肉類→使いやすい形に切って冷凍。鳥、豚、牛、ミンチなど。2週間で使い切る。
魚類→使う形のまま冷凍。煮物、焼き物にそのまま使用。
キノコ類→洗って割いて冷凍。炒め物、煮物、鍋、何でも投下OK。
ネギ類→長ネギ、万能ネギ、使いやすい形に切って冷凍。
丸天、かまぼこ→薄く切って冷凍。うどんや鍋などにそのまま投下。
しょうが→薄く切って冷凍。炒め物や煮物に。
麺類→うどん、ちゃんぽん、やきそば、の生麺。袋のまま冷凍。
野菜→ほうれん草、菜花、堅めに茹でて小口にまとめて冷凍。
市販品→えび、里芋、ブロッコリー、コーンなど。

家に帰って30分でご飯にありつけます。
おかげさまで外食も月に2〜3度ですんでます。


プラス 「ありがとう」

お互いが不在の際に家事をしてもらったら
「ありがとう」
口にだして感謝すること。
そしてお茶をいれて、まったりする。

以上でなんとか頑張れてます。
共働きの皆様、お試しあれ。

yamachica at 23:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年01月30日

たたみいわし

静岡、駿河湾名産。
たたみいわしをいただきました!

079cebaf.jpg


実は、たたみいわしというものを
産まれてはじめて食べまして

食べる前に調べてみました

カタクチイワシの稚魚を干した物で
畳のような形になってるので、「たたみいわし」だそうです。

あぶって醤油をつけて食べると美味しいらしいので
軽くあぶった後に奴とワカメの上にふりかけ
醤油ベースのドレッシング(醤油、酢、ゴマ油)で
サラダにしていただきました。
5ff210dc.jpg



磯の風味がバッチリ効いてとても美味。
食感もパリパリとして、歯ごたえも楽しかったです。

まだまだ食べた事の無い物が日本に沢山ありそうで
これから楽しみです。

ご馳走様でした(*^人^*)

yamachica at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月13日

パリのお花たち(2)

パリのお花たち
その2

ご飯やさんの前のお花
60288f69.jpg


あじさい?
このきせつには珍しい。

花と鳥市場のお花たち
028e8a8f.jpg


花好きのわたしにとってはまるで天国
3a685754.jpg


石のテーブルも売り物
dffe5bc6.jpg


シクラメンの季節になってきました
e08fde3b.jpg


一鉢3ユーロ
18928c7d.jpg


和のコーナー
90aea3b6.jpg


キンカンと菊

これは見事な菊
dec10070.jpg


花びらの裏が赤い見とれてしまいました。

今が見頃の、バラ
4475a4af.jpg


白のダリア
a1e73e30.jpg



ダリア大好き
花びらが幾重にも重なってて

お庭のグッズも売ってます
8fa9d5a8.jpg


どこの国にもカエル好きはいるのだなぁと

側にハムスターも売ってました
d74ec91e.jpg


ハムスターアパート

パリのお花編終わり

さて今週もはりきってまいりましょう

yamachica at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月12日

パリのお花たち(1)

パリで撮ってきたお花達
まずはヴェルサイユ。

バラ
245b6c86.jpg


綺麗だわー

見頃は終わってる時期の模様。
e0251c34.jpg


お疲れ様でした

ダリア
8dd74869.jpg


「ここにダリア植えたのダリア!!!」

・・・

茎と葉が黒い、ブラックダリア、宿根草です
be6e7919.jpg


山倉家にもこないだ来ました。

キャベツ
97050187.jpg


紫キャベツかな?

キャベツ群生
2ace1c99.jpg


光を浴びるキャベツ達!!

名前は分からないけどかわいいお花。
c033f568.jpg



こういうお庭いいなぁ
5afdb45a.jpg



ちょっと珍しいグランドカバー
e80b97b0.jpg



白いお花がみっちり咲いてました。

木になってた実
a93e9b0e.jpg


枝豆に似て非なるもの。
表面がトゥルトゥルしてて、植物じゃなくて人工物のようでした。
テカリ感がおもしろくてパチリ。

おまけ。
f1c9c148.jpg


池にいた鳥たち。
人に慣れててお愛想よくしてもらいました

元気になりました。

明日はパリの花市場のお花です
またあした!

yamachica at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月10日

代休

出張が重なってさすがにお疲れで
疲れが隠せないとこまできてしまったので
明日の金曜日は代休、お休みをいただきました。
2a360024.jpg


なので今日は、明日の分までバッタバタと仕事してました。ふぅ。

公私共にハードスケジュールだったなぁ。
結婚式からまだ一ヶ月も経ってない・・・。

明日はたっぷり眠ったら、家の掃除して庭いじりしようかな。
皆さんも素敵な週末を

yamachica at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月09日

ロンドン〜パリ旅の記録ダイジェスト(12)

帰国前日

フランス パリセーヌ川の
b23e34ba.jpg



シテ島のノートルダム大聖堂へ
512beabe.jpg


1345年竣工ですって。

小さい人がいる!
a3fce40f.jpg



礼拝が行われておりました
b4151b7b.jpg



そして立派なステンドグラス
d5b9406d.jpg



袈裟。
b99051b7.jpg


お花の刺繍が和風チックなのは気のせいかしらん

同じくシテ島のサント・シャペル
8b6ff20a.jpg



ちっちゃくてかわいいステンドグラス
2027be17.jpg



豪華なステンドグラス
bfe50917.jpg


全面ステンドグラスですよ
a95cffe4.jpg


圧巻です

ウィンドウショッピングなどして
7ebb53a9.jpg



凱旋門へ
a82168a9.jpg


凱旋門の真下
ccb5dcd1.jpg


シャンゼリゼ通りなど歩いてみたりして
4e3eb90d.jpg


翌日帰国。

楽しい旅でした。

また明日!!

yamachica at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月07日

ロンドン〜パリ旅の記録ダイジェスト(10)ヴェルサイユ編

♪バラはバラは〜♪

ヴェルサイユ編

電車乗って到着
5249fe83.jpg


2階建て
5632e878.jpg




30分ほどで到着。
1ed457be.jpg


宮殿な。

パーティなどする大きい部屋
f5e7dc46.jpg



天井派手1
5d85cb5e.jpg



天井派手2
b6d5ea7b.jpg



天井派手3
cbaba7fa.jpg



マリーアントワネットの寝室のベッド
8122176a.jpg


基本派手な。
派手。

お部屋の脇にはフランス革命の時に脱出した扉が。
25fd19e7.jpg


ベルサイユのばら読んだ自分としては感慨深い。

壁一面にナポレオンの戴冠式の絵
f536d04c.jpg



でかいのよ、これ。

ヴェルサイユ編、続く。
またあしたー

yamachica at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月06日

ロンドン〜パリ旅の記録ダイジェスト(9)

昨日更新忘れて申し訳ございません!
うっかり八兵衛・・・

フランス初日はルーブル美術館
3c53c0b7.jpg



ミロのビーナスをみろ!!

bcc33f66.jpg






建物自体も素晴らしくて天井画も、こんな
1817c17f.jpg


首いたいよ

やまほどある。
7c779890.jpg



サモトラケのニケ
5885dbbc.jpg


二番人気

一番人気はもちろんこれ
9379f1ee.jpg




モナリザ
人だかり

彫刻の中庭
35dda488.jpg


ルーブル美術館、金曜日は21時まで開いているということで
ゆっくり見られましたよ。

結構時間かけて見る方なので7時間かかりましたけど
有名どころだけなら2時間もあればまわれると思います

またあしたー

yamachica at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月02日

ロンドン〜パリ旅の記録ダイジェスト(5)女王陛下のベルファスト編

会社に行きましたら

「社長、旅日記、短くする気ありませんよね?」


「旅日記は短くするつもりですが、軍艦については別腹ざます」

と答えておいた山倉です。

どうしようもないと思ったら、潔くするのが肝心です


さて今日は船の設備色々

売店
BlogPaint

とてもよく出来たマネキンがおりまして驚きました。
日用品や嗜好品を売ってた模様。

厨房ですよ。
BlogPaint

鍋たくさん。

ジャガイモむく係の人
BlogPaint

「・・・俺、この戦争終わったら結婚するんだ」
「やったな!ジョン!今日のポテトはお祝いに大盛りだ!」
アテレコごっこも楽しめます。

教会
BlogPaint

牧師さんがいたそうですよ。

病院
BlogPaint

手術中。
この隣には医療ベットや患者用浴室、トイレ
歯医者までありました。
こうしてみると巨大な家、というかちょっとした町です。

寝るところ
下のテーブルはおしゃべりするところ
BlogPaint

ハンモックがずらり

とそのすぐ側に

猫用ハンモック!!!!
BlogPaint

悩殺

明日もつづくよ
まだ兵装と艦橋終わってないし。

yamachica at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年11月01日

ロンドン〜パリ旅の記録ダイジェスト(4)女王陛下のベルファスト編

昨日の続き。

寺院を出た後、特に予定もなかったので
川岸で見た戦艦が気になって、戻ってみました。

するとどうもこの船、退役していて
中を見られるようになってるのです

ラッキー

道祖神に守ってもらってるな、うん。

イギリス軽巡洋艦「ベルファスト」
BlogPaint

海洋迷彩塗装も素晴らしい

船の中はこんなになってまーす
BlogPaint

HMS Belfast
HMSってのは「女王陛下の」って意味らしいです。

いざベルファストへ
乗降口の足元
BlogPaint

足ふきマットじゃないよ。

この日一番テンションあがった瞬間

べるちゃんが赴いた戦地一覧
BlogPaint

二次大戦から朝鮮戦争ころの船ですね。

船ならではの狭い階段を下ると
BlogPaint


通路に魚雷が
BlogPaint


修理のための機械室
BlogPaint

中には旋盤、溶接などの機械がみっちり
応急処置もできなきゃですものね。

動力部も見られました
BlogPaint

美しい

同じ第二次大戦中の戦艦はハワイで「ミズーリ」も見たのですが
どちらもとっても楽しかった。
ただ、ベルファストは目立った戦火はあげてなくて
単に状態がよいから保存されてたと思われます。(たぶん)

ミズーリは大戦終結の調印式が行われたり
日本の特攻隊の爪痕が未だに残ってたりして
そこそこ活躍してますので感慨深いものがありました。
排水量としては軽巡のベルファストよりも戦艦ミズーリの方が大きいですね。
アメリカもイギリスもいいなあ、船が残ってて。

んで。明日もこれ、続きます。
まだ兵装とか艦橋やってないし。

yamachica at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月31日

ロンドン〜パリ旅の記録ダイジェスト(3)

ロンドン続き。

ロンドン塔を見た後、行き当たりばったりで
(目的地も川沿いだから、行けるんじゃね?というノリで)
片言の英語でチケットを買い、目の前の水上バスに乗る。
573330c1.jpg


目的地はウェストミンスター寺院。

テムズ川の水上バスからのタワーブリッジ。
06caff48.jpg


綺麗

川に戦艦が!
3a915785.jpg


何故川に??
と思ってそれは後に判明することに。

ロンドン名物の大観覧車
58fba1de.jpg



一周するのに30分かかる巨大なもの
ロンドン市内を一望できるらしい。

ご存じ国会議事堂 ビックベン
BlogPaint

ここに併設して、目的地の世界遺産、ウェストミンスター寺院が。

ここはイギリス国王の戴冠式など行われてます。
BlogPaint

中は写真撮影禁止でしたので撮影できませんでした。
が内部はとても素晴らしい。
質実剛健ながら凝った造り。

特筆すべきは寺院なので当たり前?かもしれまんせんが
普通に通路の脇に先代の国王や女王の石棺がごろごろ置いてあるのです。
(中にはご遺体もあると思われる)
で、そのすぐ側で戴冠式などの晴れの行事も行われるわけで
ハレとケをはっきりと分ける概念がある日本から見るととても違和感をおぼえました。

また明日〜

yamachica at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月24日

帰国

朝6時起きで11時発のフライト
シャルルドゴール空港へ。

12時間で朝6:00に羽田空港着で
そのまま福岡空港に
と行きたいとこですが
そうは問屋がおろさない。

飛行機からの朝焼け。


着いた日の夕方から東京でお仕事があるのです。
新婚旅行から家に帰らず
そのまま東京出張って、ハード!

ロマンの欠片もないな。しかし。

機内で眠れるとはいえ
ホテル出てから家まで
ぶっちぎり33時間。

途中でどうにかしてお風呂に入りたいなー(・_・、)


yamachica at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月23日

凱旋門

あっという間にフランスもおわり。
凱旋門。

当然登らない!

階段で500段以上あるしね。

ザ観光てな感じでしたが
いつもはリゾートが多いので
都市の旅も楽しめました。

明日は帰国。

yamachica at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月22日

ヴェルサイユ宮殿

パリ2日目。
ヴェルサイユ宮殿。

二回目。

ここもわたしは以前きた事があるのですが
またきました。

イギリスの建物はまだいくぶん
質実剛健な気がしますが
フランスは荘厳華美な気がします。

旅行の詳細は戻ってから
ぼちぼちブログに載せますね。

今週もはりきってまいりましょう!

yamachica at 05:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月21日

ルーブル美術館

フランス入国
一日中ルーブル美術館。

二度目。

博物館美術館、史跡、などは
一日中みても
何度見ても苦にならない!

詳細は帰国してから!

yamachica at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月20日

ロンドン塔にいます

ロンドン塔にいます

イギリスの歴史に詳しい方なら
ご存知のロンドン塔

一度はきてみたかった

この日は沢山かきたいことが
あるので
続きはまたこんど。

プライベートな海外は3,4年ぶりなので
充実した一日を過ごしてます。
しあわせ。

素敵な週末を!

yamachica at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)